燃油サーチャージについて、詳しい内容や値上げ情報です。海外旅行に行くために格安航空券を探している人には要チェックです。
   
航空券の予約、ちょっと待ってください!!
 旅行に行くのですか? そして、航空券を手配しようとしていますね。

 でも、ちょっと待ってください。
 航空券代が安いってすぐ予約しようとしていませんか?
 航空券代には空港税、燃油サーチャージなどの諸税は含まれていませんよ。

 訪問国や航空会社によってその金額はかなり違います。
 航空券代と諸税をプラスした総合計で決めましょうね。

 そんなわかりにくい燃油サーチャージや空港税をわかりやすく説明したサイトです。
 よく読んで、理解してください。

 また、これから値上げ情報などもお知らせしますので絶対見逃さないでくださいね♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずは、最近新聞等でも報道されるようになった燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)とは何なのか?
詳しくお伝えします。


燃油サーチャージとは、原油の高騰に伴って、航空会社の企業努力で吸収しきれない
燃油価格の一部を、乗客に負担してもらう追加運賃のことです。

本来、燃料経費は航空運賃に含まれるものですが、燃油価格の激しい変動に対応するため、
また、航空機利用者に分かりやすく提示するために、通常の航空運賃とは別に徴収されるものです。

国土交通省は、燃油価格が一定水準に戻るまでという廃止条件を明確にし、
通常の運賃に付加して、全ての航空機利用者に一律負担させる新しい形式の
この追加運賃を認可しました。

つまり、燃油価格が下落した際には引き下げたり、または廃止します、
逆に燃油価格の高騰が続けば負担額がさらに増えることもあります。

また、燃油サーチャージは航空会社により金額が異なります。
スポンサーサイト
それでは、この燃油サーチャージに対しての、航空会社と旅行会社との関係について説明します。

燃油サーチャージは、本来、航空会社がお客様から徴収する追加運賃ですが、
実際には航空券を発行する際に旅行会社が航空会社に代り、徴収業務を代行しています。

つまり、本当は航空会社が、お客様搭乗手続きの時に、集金するべきなのですが、
航空券に各国の空港税、航空保険料、旅客サービス料などを含めることができる制度を
利用して、旅行会社から徴収させているのです。

ちょっと、ひどいですよね。旅行会社には、高すぎるとのクレームの対応をしたり
徴収できなくて自腹をきったりしていることをよく聞きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。